事故から学ぶ

土佐清水市 個人情報の不正利用で永野市議に抗議文

事故概要

業種 行政の職員
発生時期 2022/9/21
漏えい人数 152
事故概要

先月、投票が行われた土佐清水市の市議会議員選挙に立候補して当選した永野裕夫議員の後援会を名乗るショートメッセージが、土佐清水市の職員名簿を元に送られていたことが分かり、市では永野議員に対して個人情報の不正利用だとして抗議文を送りました。
土佐清水市によりますと、市議会議員選挙の告示日にあたる先月21日に、選挙に立候補していた永野裕夫議員の後援会を名乗るショートメッセージが、市の職員152人の携帯電話に送られたということです。
土佐清水市が永野議員に確認したところ、このメッセージは災害時などの緊急連絡用に市が管理職などに配付している市職員の電話番号や住所などが記載された名簿をもとに送られたということです。
これを受けて、市は永野議員に対して、今月1日付けで個人情報の不正利用だとして抗議文を送り、12日、永野議員から文書による謝罪があったということです。
永野議員によりますと、支持者の1人が災害対策用などとして永野議員が持っていた名簿を元に、後援会の事務員に指示してショートメッセージを送らせたということです。
取材に対して永野議員は、「個人情報の管理不足から起こったことで、道義的な責任を痛感しています。今後は説明責任を果たしながら、再発防止と信頼回復に努めていきたい」と話しています。

引用元 NHK

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストにある要求ルール:

■ 推奨対策

対策:

具体例:

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。