事故から学ぶ

県のキャンペーン景品発送で約300人の個人情報流出 宮城県

事故概要

業種 行政の職員
発生時期 2022/9/14
漏えい人数 297
事故概要

宮城県が実施しているキャンペーンの景品について、県は、当選者の宛先のラベルの下に誤って別の当選者の個人情報が記載されたラベルを貼った状態で発送するミスがおよそ300件あったと発表しました。

県によりますと、先月から実施している特産品などが当たるキャンペーンについて、先月分の景品の「梅ドレッシング」を当選者297人に送る際、発送元の会社が当選者の宛先のラベルの下に誤って別の当選者の名前や住所が記載されたラベルを貼った状態で発送していたということです。
15日、景品を受け取った人から「別の人の連絡先のラベルが貼られている」などと県に連絡があって発覚したということです。
県によりますと、事業を委託した会社が景品の発送元の会社に対し、宛先ラベルの記載内容の修正を依頼したところ、発送元の会社が、ラベルを剥がさずに、その上に修正したラベルを貼ってしまったということです。
県は、景品を送った297人に謝罪をした上で、誤って貼ったラベルの回収を進めています。
県食産業振興課の関剛史課長は、「当選した方々には多大な心配とご迷惑をおかけし、おわびいたします」と話していました。

引用元 みやぎNEWS

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストにある要求ルール:

■ 推奨対策

対策:

具体例:

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。