事故から学ぶ

特別児童扶養手当の認定書類の誤送付について 生駒市

事故概要

業種 行政の職員
発生時期 2022/9/2
漏えい人数 1
事故概要

特別児童扶養手当の認定書類の誤送付について
個人情報が記載された特別児童扶養手当の認定書類を誤送付する事案が発生しました。

特別児童扶養手当は、身体か精神に重度または中度以上の障がいのある20歳未満の児童に支給されるものです。
状況について、下記のとおりお知らせします。

1 事案の概要と経緯
9月2日(金曜日)
こども総務課職員がA氏に送付するべきである特別児童扶養手当の認定に関する書類をA氏と同姓同名のB氏に郵送しました。

9月6日(火曜日)
郵便物を受け取り、開封したB氏から連絡があり判明しました。
こども総務課長と担当職員がB氏を訪問し、お詫びの上、経緯を説明して書類を回収。
その後、A氏を訪問し、お詫びの上、経緯を説明して書類を渡しました。

2 流出した情報
証書番号、A氏の住所、氏名、手当月額、対象となる児童の氏名・等級、支払開始年月

3 流出の原因
書類発送の際、担当職員は県から届いたリストに基づき、対象者が転居されていないかを住民基本台帳システムで確認してから封筒の宛名書きをしています。
その際、システムに表示された同姓同名のB氏の住所を誤って記載してしまいました。
発送の際は、名前のダブルチェックを行っていましたが、住所の相違に気づきませんでした。

4 見解と防止策
このような事態を招いたことを深くお詫びいたします。
今後は再発防止のため、宛名を記載するときは、氏名と住所が一致しているか、また同姓同名の方が存在する場合は細心の注意を払って確認し、複数人でチェックすることを再度徹底します。

引用元 生駒市

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストにある要求ルール:

■ 推奨対策

対策:

具体例:

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。