事故から学ぶ

自衛官が隊員募集で知った個人情報を売却 停職の懲戒処分

事故概要

業種 行政の職員
発生時期 2021/9/30
漏えい人数 2
事故概要

自衛隊旭川地方協力本部に所属していた42歳の男性隊員が、隊員の募集活動で得た氏名や電話番号などの個人情報を外部に漏らして金銭を受け取っていたことが分かり、自衛隊はこの隊員と上司の2人を停職などの懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、海上自衛隊大湊地方総監部の42歳の2等陸曹の男性と、上司にあたる北部方面総監部の52歳の幹部自衛官の男性です。
自衛隊によりますと、2等陸曹は道北地方で自衛隊員の募集などを行う、旭川地方協力本部に所属していた去年9月と10月に、入隊を検討する複数人の氏名や電話番号を私用の携帯電話に保存し、その情報を外部に漏らして、金銭を受け取っていたということです。
自衛隊の調査に対し、2等陸曹は「お金が欲しくてやった」と話しているということです。
自衛隊は、9日付けで、2等陸曹を停職7日の懲戒処分にしたほか、この2等陸曹から情報漏えいの報告を受けていたのにも関わらず上級部隊へ連絡しなかったとして、幹部自衛官を減給30分の1・1か月の懲戒処分としました。
自衛隊旭川地方協力本部は、今回の処分についてNHKの取材に対し「とくにコメントすることはない」と話しています。

引用元 NHK

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストにある要求ルール:

■ 推奨対策

対策:

具体例:

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。