事故から学ぶ

尼崎市 紛失した全市民の個人情報入りUSBメモリー見つかる

事故概要

業種 行政の職員
発生時期 2022/6/23
漏えい人数 460517
事故概要

兵庫県尼崎市は23日紛失を明らかにした46万人余りの市民の個人情報が入ったUSBメモリーについて、24日、見つかったと発表しました。
尼崎市は23日、46万人余りのすべての市民の個人情報が入ったUSBメモリーを業務を委託していた会社の担当者が紛失したことを明らかにしていましたが、24日、見つかったと発表しました。
これを受けて稲村和美市長が記者会見を開き、「市民の皆様に大変なご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。
業務の委託を受けていた会社「BIPROGY」によりますと、USBメモリーを紛失した関係会社の40代の男性社員は酒に酔って帰宅する途中に路上で寝てしまい、USBメモリーの入ったかばんがなくなったことに気付いたということです。
24日朝から本人が警察官とともに探したところ、大阪・吹田市のマンションの敷地内でUSBメモリーが入ったかばんとともに見つかったということです。
会社によりますと、USBメモリーのパスワードが変更された形跡はないということですが情報の漏えいがなかったかどうか引き続き、調べるということです。
BIPROGYの平岡昭良社長は記者会見で、「このたびは、お預かりした大切な情報を紛失する事態となり、市民の皆様、尼崎市、および関係各位に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」と述べました。
【尼崎市長“心よりおわび”】。
稲村和美市長が会見を開き、「市民の皆様に大変なご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。
また、「USBメモリーが見つかったことについてはほっとしたというか、このときにも誰かの手に渡っているのではないかという気持ちでいたので、ひとまず良かったという思いで一報を聞きました」と述べました。そのうえで、再発防止策を検討するため、情報セキュリティーに詳しい専門家や弁護士など外部有識者による第三者委員会を設置することを明らかにしました。また、市民からの相談に応じるために設置していた電話窓口に23日一日だけで1万6000件の問い合わせがあったとしたうえで、番号を変更して、当面継続することも発表しました。
土日祝日を含め、25日から毎日午前9時から午後7時まで対応するということです。
【発見の経緯】。
大阪府警によりますと、24日朝から警察官とともに紛失した会社の担当者が当時の記憶をたどりながらさがしたところ、24日昼ごろ、吹田市内のマンションの敷地内でUSBの入ったかばんを見つけたということです。担当者は、このマンションに立ち寄った記憶があるということで、かばんの中身についてはUSBを含め、なくなったものはないと話しているということです。
【パスワードめぐりネットで波紋】。
今回のUSBメモリーの紛失をめぐっては、尼崎市の担当者が記者会見で
パスワードの桁数に言及したことから、インターネット上でパスワードに関する憶測が出たり、市の対応に疑問の声が上がったりするなど大きな関心を集めました。
これについて尼崎市は、NHKの取材に対し、「安全を期してパスワードをかけていることを丁寧に説明しようという意図で言及したと思うが、セキュリティー面を踏まえれば、言及を控えるべきだったと考えている」と話しています。

引用元 NHK

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

(第20条)安全管理措置 作業ルールの徹底(社外での盗難・紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

車の中に個人情報が記載された書類やPCを置いたまま、車から離れていませんか?
仕事の郵便物を自宅に送付して、ポストからの回収せず放置していませんか?
喫茶店やレストランで、座席にカバンを置いたまま席を離れていませんか?
自転車のかごなど、ひったくりに合いそうな場所にカバンを置いていませんか?
自転車やバイクに荷物を置いたまま、コンビニなどで買い物をしていませんか?
風で飛ばされないように箱や鞄に入れて移動していますか?
PCの入った鞄を網棚に載せていませんか?
個人情報が記録されたPCやUSBが入った鞄の紛失に気付かないほど酩酊するほど飲酒していませんか?

■ 推奨対策

対策:

個人情報の重要性に意識が行っていれば、そして盗難防止策と意識づけが行っていれば防げた内容と思われる。盗難防止対策を怠ったのは会社ではまで掘り下げて考えないと、今後の防止策にはならない。
端末を持ち歩く頻度が低ければ、車上狙いにあう意識が薄くこのような事故を招く。逆に日常的に持ち歩くと慣れから生じる放置による盗難を生じさせる。

具体例:

財布をむき出しのまま喫茶店の席を離れたり、車内に置いて無施錠で車から離れることは少ないと思われるので、端末や書類、カバンも同じ感覚を植え付ける「しつけ教育」をする必要がある。
教育は「今後は注意しましょう」という教育内容では再発防止にはならない。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。