事故から学ぶ

国内1000台以上で流出=在宅勤務時の接続認証情報

事故概要

業種 【情報】
発生時期 【情報】
漏えい人数 【情報】
事故概要

【情報】在宅勤務などで社内システムに社外から安全に接続するための通信技術として、米フォーティネット社製の「VPN(仮想私設網)」を利用している日本企業の端末、千数百台分の認証情報が流出した恐れがあることが11日、分かった。サイバー攻撃により世界では8万台分以上の流出が起きた。最新システムに更新していない端末が狙われており、同社は速やかな更新を求めている。

同社は8日(米国時間)、8万7000台分の認証情報が流出したと発表した。システム更新やパスワード変更を実施していない端末で流出が起きたとみられる。

サイバーセキュリティーの専門家の分析によると、日本では少なくとも企業・大学などの約1350台で情報が流出し、認証データなどが非合法サイトで取引されている可能性がある。 【時事通信社】

引用元 【情報】

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

【情報】

チェックリストにある要求ルール:

【情報】

■ 推奨対策

対策:

【情報】

具体例:

【情報】

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。