事故から学ぶ

児童調査票87人分を紛失 松阪の小学校、職員室で保管 三重

事故概要

業種 地方自治体
発生時期 2021/7/7
漏えい人数 87
事故概要

三重県松阪市の中田雅喜教育長は13日、市役所で記者会見し、同市立小学校内で6年生の3学級87人分の個人情報を記載した調査票をとじたファイル3冊を紛失したと発表した。

調査票の内容は児童の住所、名前、保護者名、電話番号など。学級ごとにとじ、全学級分を職員室の電話機近くの机の引き出しに保管していた。

7日午前11時ごろ、児童宅に連絡するためファイルを見ようとした6年生担任職員が、担任学級の他、同学年2学級のファイルがないことに気付いた。同日放課後の職員会議で確認したところ、持ち出した職員はなく、全職員で探したが見つからなかった。

ファイルを保管している引き出しの鍵は、校長が登下校時に開け閉めしていたが、市教委は常時施錠するよう指導していた。職員室は午前9時半―10時の約30分無人だったという。

市教委学校教育課の塩野光弘課長は「日中の施錠はなく、管理に甘さがあった」と述べた。中田教育長は「管理体制を徹底する」と陳謝した。

引用元 伊勢新聞

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

20-18(第20条)安全管理措置
(第21条)従業者の監督 作業ルールの徹底 (紙データの紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

紙書類の持ち出し時はカバンに入れ、落下や風による飛散を防いでいますか。
紙書類の輸送や移動が伴う場合は、落下防止、飛散・散逸しないようカバンやケースに入れて輸送をしていますか。
重要情報入ったカバンを持ち歩く必要がある場合は、肌身離さず持ち歩るくことを徹底教育していますか?
電車の網棚に載せたり、カバンを車内に放置して車から離れたりしていませんか?
個人情報が記載されたを書類を、机の上に放置せずに、書庫に保管し施錠するなど、紙データの紛失防止していますか?
作業を中断した際は、机に放置せず、その都度保管庫に戻していますか?
外出先や自分の机以外の場所で作業をしたときは、確実にカバンに戻したことを確認していますか?
出先でのカバンへの収納確認は一人で行うため、カバンに入れたこと、作業場所に何も残っていないことの2面で確認していますか?
個人情報を所定の保管庫から出し入れする際は、管理記録を個人名付きで記録していますか?また保管庫の施錠時には、内容確認を2名以上で実施していますか?
個人情報の持ち出しは、規定に沿って許可を得て行っていますか?
個人情報が記載された書類を第三者に見せたり、あるいは見える状態にしていませんか?
委託先にもまったく同じレベルで、個人情報の取扱い規則の周知徹底と監視監督をしていますか?

■ 推奨対策

対策:

職員室内での紛失とされている。毎回施錠管理がルールだが、帰宅時施錠と勝手にルールを変えて運用していた結果、個人情報の紛失につながった。不精と怠慢である。

具体例:

都度の施錠管理は面倒であるが、施錠が存在確認の証になり、自責からの解放につながるのであるから自己防衛として、さらに事故防止のために確実に実施すべきである。
ルールを勝手に変えて運用した責任は重い。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。