事故から学ぶ

個人情報を含むデータが残存するデジタルカメラの紛失について 府中市

事故概要

業種 地方自治体
発生時期 2021/6/11
漏えい人数 201
事故概要

令和3年6月11日に、本市職員が個人情報を含むデータが残存するデジタルカメラを紛失する事案が発生いたしました。
紛失した個人情報に該当する関係者の皆様に深くお詫びするとともに、今後、再発防止に努めてまいります。
1 発生の経緯
6月11日(金曜日)に、文化スポーツ部ふるさと文化財課に所属する市職員が、開発工事に伴う埋蔵文化財の工事立会調査に行くため、記録用のデジタルカメラをバックに入れ、自転車で外出しました。1か所目の調査終了後、2か所目の調査地に行き、カメラを取り出そうとしたところ、カメラが無いことが発覚しました。
紛失が発覚した時点で、複数の職員が、現地や周辺の道路を捜索するとともに、駅や交番などに確認し、所管の警察署に遺失届を提出しましたが、いまだ発見されておりません。
2 紛失した個人情報の概要と件数
(1)個人情報の概要
「埋蔵文化財発掘の届出・通知について」(発掘届)に記載されていた開発地の所在地・敷地面積・開発面積、土地所有者の氏名及び住所
(2)件数
令和2年8月から令和3年6月までに撮影した上記の個人情報(法人情報を含む)201件分
3 発生の原因
管理上の利便性のために個人情報をその都度デジタルカメラで撮影し、SDカードに保存していたことから、カメラの紛失によって、発生したものです。
4 今後の対策
201件分の当該関係者にお詫びするとともに、今後、個人情報をカメラで撮影しないなど個人情報を外部に持ち出さないこと、カメラの落下・紛失防止対策を行うなど、再発防止対策を徹底いたします。

引用元 府中市

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

20-17(第20条)安全管理措置(第21条)従業者の監督作業ルールの徹底(電子データ、情報機器の紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

電子データの重要情報を社外へ持ち出す時は許可を得ていますか。持ち出しの記録を取っていますか?
電子データの持ち出し時にはパスワード保護や暗号化し、さらに肌身離さないなど、盗難や紛失の対策をしていますか?
PCの画面などを第三者に見える形で使用していませんか?
USBメモリは自動暗号化されるセキュリティータイプをしようしていますか?
USBは首からかけるストラップのような大きな印をつけて目立たせるなど紛失や置き忘れ防止策を講じていますか?
パソコンや業務携帯などの紛失防止教育を徹底していますか。
重要情報やPC,USB等が入ったカバンを持ち歩く必要がある場合は、肌身離さず持ち歩ることを身につくまで、徹底教育していますか?
携帯電話、スマートフォンの紛失と盗難を防止する物理的な対策を講じていますか?

■ 推奨対策

対策:

駅や観光地の落とし物で想像がつくように、デジタルカメラの落とし物が多い。デジタルカメラは日常的に持ち歩く機会が少なく、確認が習慣化しないため、紛失に気づかないことが多いとされている。
習慣化されていないから点検がおろそかになる、というのは個人情報を扱っている場合には言い訳にならないので、組織の管理責任と本人の無自覚、不注意を訓告すべきである。

具体例:

デジタルカメラをカバンに入れて移動した、ということであるならば、カバンの取っ手に「デジカメ確認」の札をさげさせるなどの対策をとる必要がある。見てくれがわるい、などの反論がでたら、その職場の個人情報保護法意識が低いことの証明にもなる。個人情報は紛失してはならないものであるから、やれることはすべてやる。個人情報は会社の物ではなく本人からの預かりものである。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。