事故から学ぶ

Google Chromeに緊急の脆弱性、直ちにアップデートを

事故概要

業種 民間企業
発生時期 2021/6/13
漏えい人数 情報
事故概要

米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT: United States Computer Emergency Readiness Team)は6月10日(米国時間)、「Google Releases Security Updates for Chrome|CISA」において、Google Chromeに脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある。
脆弱性のひとつは深刻度が緊急(Critical)に分類されており注意が必要。さらに、深刻度が重要(High)に分類されている「CVE – CVE-2021-30551」に関してはすでにサイバー攻撃に利用されていることが確認されている。Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)は、上記のセキュリティ情報をチェックするとともに、必要に応じてアップデートを適用することを推奨している。
Google Chromeはメニューから「Google Chrome について」を選択することでバージョンを確認することができる。アップデート可能なバージョンが存在する場合はその旨が表示されるので、指示に従ってGoogle Chromeを再起動することでバージョンアップが適用される。

引用元 米コンピュータ緊急事態対策チーム

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

情報

チェックリストにある要求ルール:

情報

■ 推奨対策

対策:

情報

具体例:

情報

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。