事故から学ぶ

経済センサス調査員 腕章紛失相次ぐ 悪用の恐れ 県が注意呼び掛け

事故概要

業種 経済産業省
発生時期 2021/5/21
漏えい人数 0
事故概要

経済センサスの調査員が腕章や調査票を紛失する事例が相次いでいる。腕章は21日以降3人が調査中になくしたことが判明し、今も見つかっていない。腕章は悪用されて企業情報が盗み取られる恐れがあるとして、新潟県が注意を呼び掛けている。
経済センサスは5年に一度、全国全ての事業所と企業を対象に売り上げや従業員数などを調べる。本県では県に任命された調査員が行う。
県内でも20日に調査票の配布が始まったが、21日に燕市、24日に見附市、27日に新潟市で腕章の紛失が分かった。県によると、腕章は伸縮性のある素材で、服に留める安全ピンは付いていない。調査員が上着を脱いだ際などに腕章が外れたとみられるケースもあった。
このほか、25日には調査票と調査員証の紛失が明らかになった。調査員証はその後見つかったが、県統計課の担当者は「紛失が続き申し訳ない」と話す。

腕章は調査票の回収を装う「かたり調査」に悪用される恐れがある。県は調査員に腕章を安全ピンで留めるよう指導。事業所に対しては不審な調査員が来たら県統計課か市町村に連絡するよう求めている。

引用元 情報

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

情報

チェックリストにある要求ルール:

情報

■ 推奨対策

対策:

情報

具体例:

情報

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。