事故から学ぶ

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス – 和歌山市

事故概要

業種 県 地方自治体
発生時期 2021/1/19
漏えい人数 414
事故概要

和歌山市の保健所において、新型コロナウイルス感染者の個人情報含む会議資料を、誤って無関係のメールアドレスへ送信するミスが発生した。
同市によれば、1月19日20時過ぎに会議資料を職員個人のメールアドレスに送信したが、送信を依頼した際のメールアドレスに誤りがあり、第三者へ送信したもの。翌20日9時ごろメールアドレスに誤りがあることが判明した。
誤送信された会議資料には、新型コロナウイルス感染者414人の氏名、年齢、性別、入退院日、入院機関名、可能性のある感染経路、陽性確認日などが含まれる。
同市では1月20日10時に誤送信先のメールアドレスに対し、誤送信したメールの削除と同市への連絡を依頼。しかし返信はなく、翌21日にも同様のメールを再送信しているが、連絡が取れていないという。
同市では対象となる関係者へ電話で連絡を取り、謝罪している。また個人情報を含むメールの送信作業について見直しを行う。

引用元 Security NEXT

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

20-6(第20条)安全管理措置 パソコン利用教育(メール送信・添付ファイル送信ルール)

チェックリストにある要求ルール:

重要情報や個人情報をメールで送る時は,メール本文に記載せず、重要情報は添付ファイル形式にして、さらにパスワード保護するなどのように、重要情報の保護をしていますか?
メールに添付する場合、不要なファイルを添付していないか確認していますか?
電子メールの送信先に誤ったファイルが添付されていないか、ファイルを開いて確認してから送信していますか?
重要情報が含まれる電子メールを送る前には、送信アドレスを再確認していますか?自分以外の人にも確認をしてもらっていますか?
複数の相手先への送信時はTOではなくBCCを使用していますか?
似たアドレスや似た名前の人のメールアドレスは、注意して確認していますか?
データ送信時に不要な個人情報が含まれていないことを、複数の人で確認していますか?
委託先にもまったく同じレベルで、個人情報の取扱い規則の周知徹底と監視監督をしていますか?

■ 推奨対策

対策:

メールアドレスの入力間違いで他人に送ってしまった事例である。特に重要なメールを初めての相手に送信する際は、事前にアドレス確認メールを送り、確認が取れてから重要情報をおくるのが正しい手順である。

具体例:

初めての相手にメールを送る際、ダブルチェックをしても、そもそもアドレスが間違っているということも考えられる。
事前にアドレスを確認するのは安全確認の第一歩である。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。