事故から学ぶ

Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 – 一部に悪用コードも

事故概要

業種 電子機器製造販売
発生時期 2020/11/6
漏えい人数 0
事故概要

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」を公開した。一部脆弱性は、すでに悪用の報告を受けているという。
同社は両アップデートを通じて、カーネルに関する脆弱性4件をはじめ、CVEベースであわせて24件の脆弱性を解消した。オーディオ、XMLなどの処理、WebKitなどの脆弱性などへ対応している。
なかでもカーネルに明らかとなった脆弱性「CVE-2020-27932」「CVE-2020-27950」やフォントパーサーにおける脆弱性「CVE-2020-27930」はすでに悪用の報告を受けているという。
また同社は旧端末向けに「iOS 12.4.9」をリリースした。同アップデートでは、「iOS 14.2」で修正したカーネルの脆弱性「CVE-2020-27932」「CVE-2020-27950」や、フォントパーサーの脆弱性「CVE-2020-27930」に対応。
さらに「FaceTime」に明らかとなった「CVE-2020-27929」に対処したという。

引用元 Security NEXT

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

注意喚起

チェックリストにある要求ルール:

注意喚起

■ 推奨対策

対策:

注意喚起

具体例:

注意喚起

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。