事故から学ぶ

お客さま情報が記載された「領収証(冊子)」の紛失について 四国ガス燃料株式会社

事故概要

業種 四国ガス燃料 ガス会社
発生時期 2020/6/22
漏えい人数 7
事故概要

四国ガス燃料株式会社(高松営業所)においてお客さま情報が記載された領収証(控)と未使用の領収証が綴られた「領収証(冊子)」を紛失するという事態が発生しました。 紛失した「領収証(冊子)」は、3枚一組の帳票が25組綴られており、領収証(控)に、7件分のお客さま情報(住所、氏名、領収金額、領収日等)が記載されておりました。6月22日、業務監査において「領収証(冊子)」一冊が紛失していることが発覚し、事務所内及び業務用車両車内等を捜索しましたが発見には至っておりません。なお、これまでに紛失したお客さま情報が外部に流出した事実は確認されておりません。また、これまでに領収証が悪用された事実は確認されておりませんが、念のため四国ガス燃料の関係者を装った不審な訪問には十分ご注意ください。
弊社といたしましては、お客さま情報の保護をきわめて重要な事項と認識しており、この度の事態を真摯に受け止め、お客さま情報の管理について、指導を強化し再発の防止に努めてまいります。

引用元 四国ガス燃料

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

20-11(第20条)安全管理措置 作業ルールの徹底(保管管理と情報漏えい防止、事務所内での紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

情報漏えい、盗難防止などの教育を定期的に実施していますか?
社内の整理整頓は徹底されていますか?
個人情報が記載されたを書類を、机の上に放置せず、書庫に保管し施錠するなど、漏えいを防止していますか?
事業所外で個人情報が記載された書類やPCなどを置いたまま、離籍していませんか?
個人情報を所定の保管庫から出し入れする際は、管理記録を個人名付きで記録していますか?また保管庫の施錠は2名以上で確認をしていますか?
許可を得ていないUSBなどの簡易型データ保存装置の、PCへの接続制限はかけていますか。
データが保存されているPCやファイルサーバから、USBなどにデータコピーが行われた場合、管理者に警告が出たり、ログが残るようにしていますか?
書類や書類の写しを勝手に持ち出せないように、教育の徹底と抜き打ち検査、書類保管場所の点検を不定期に実施していますか?
不正に持ち出した場合の罰則規定を設けていますか?

■ 推奨対策

対策:

会社の白紙の領収書を紛失した場合、悪用される可能性が高い。特にそれで消費者が被害にあった場合の損害補填は会社の責任になる可能性がある。

具体例:

白紙の領収書でも現金と同じ管理が求められる。
営業職や外務員は領収書を持ち歩く機会も多いが、金融機関以外では私物のカバンで営業するケースが一般的で、領収書の管理徹底が必要である。
金融機関の外務員は公用指定カバンを使うことも多いが、カバンごとの盗難防止教育の再徹底が必要である。
今回は手順通り領収書が戻されてからの紛失の様子だが、内部管理体制の引き締めとして、重要確認ポイントの追加徹底が必要である。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。