事故から学ぶ

家計調査の調査票誤配布及び紛失について 香川県

事故概要

業種 香川県 地方自治体
発生時期 2020/05/2
漏えい人数 2人
事故概要

国民生活における家計収支の実態を調査する家計調査の調査票(世帯の収支などが記載されたもの)を誤って他の調査世帯へ配布したことが判明しました。
また、同調査の1世帯分の調査票を紛失したことが判明しました。
調査票を誤配布した世帯と調査票を紛失した世帯の方に対しては、5月8日(金)、5月9日(土)に謝罪を行いました。調査に協力いただいている方々に深くお詫び申し上げます。
1.事案の概要
(1)調査票の誤配布
① 誤配布が判明した日 令和2年5月2日(土)
② 県への報告があった日 令和2年5月7日(木)
③ 誤配布した調査票 4月下期分の家計調査の調査票 1世帯分
④ 調査票の内容 世帯の収入・支出
⑤ 経緯
・5月1日(金)に調査世帯から4月下期分の調査票を受けとり、5月上期分の調査票を手渡した際に、誤って、別世帯の4月下期分の記入済みの調査票を渡した。
帰宅後、渡したはずの調査票が手元にあることに気づき、翌日の5月2日(土)に再度
調査世帯を訪問した際に誤って配布していたことが判明し回収した。
(2)調査票の紛失
① 紛失が判明した日 令和2年5月2日(土)
② 県への報告があった日 令和2年5月7日(木)
③ 紛失した場所 不明
④ 紛失した調査票 4月下期分の家計調査の調査票 1世帯分
⑤ 調査票の内容 世帯の収入・支出
⑥ 経緯
・5月1日(金)16 時45 分頃
調査員が、世帯から調査票を受け取り、自宅に車で調査票を持ち帰った。
・5月2日(土)18 時頃
調査員が、調査票の確認作業中、調査票がないことに気づき、居室や車内、車庫等
を探したが、調査票は見つからなかった。
・5月3日(日)以降
再度、居室や車内、車庫等を詳しく調べたが、調査票は見つからなかった。
・5月7日(木)8 時35 分
調査員から県統計調査課に、調査票紛失の報告があった。
・5月8日(金)13 時40 分
調査員が警察署に遺失物の届け出。
※ 調査票情報について、今のところ流出した報告はない。
2.今後の対応
(1)家計調査員説明会において、個人情報取扱いの重要性及び重大事故の迅速な報告を説明し、注意喚起を行う。
(2)調査票の配布から回収までのチェックリストを作成し、調査員が配布、回収等の状況をその都度記入することにより、調査票の紛失を防止する。
【家計調査】
家計調査は、国民生活における家計収支の実態を把握するため、全国約9,000 世帯(香川県では 130 世帯)を対象に毎月実施している調査であり、当該調査票には、4 月下期の世帯の収入・支出の個人情報が記載されている。
家計調査の結果は、経済政策、年金などの社会保障政策、国民経済計算、消費者物価指数のウエイトの算定などの基礎資料として利用されている。

引用元 香川県

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストコード:
20-18(第20条)安全管理措置(第21条)従業者の監督 作業ルールの徹底 (紙データの紛失防止)
21-20(第21条)従業者の監督 意識付け教育 ルールの徹底(書類誤開示防止)

チェックリストにある要求ルール:

紛失防止
紙書類の持ち出し時はカバンに入れ、落下や風による飛散を防いでいますか。
紙書類の輸送や移動が伴う場合は、社外への落下防止、万一落下した時に書類が飛散散逸しないよう箱に入れて輸送をしていますか。
重要情報入ったカバンを持ち歩く必要がある場合は、肌身離さず持ち歩ることを見につくまで、徹底教育していますか?
個人情報が記載されたを書類を、机の上に放置せずに、書庫に保管し施錠するなど、紙データの紛失防止していますか?作業を中断した際は、机に放置せず、その都度保管庫に戻していますか?
外出先や自分の机以外の場所で作業をしたときは、確実にカバンに戻したことを確認していますか?この確認は一人で行うため、カバンに入れたこと、作業場所に何も残っていないことの2面で確認していますか?

誤開示防止
個人情報に対する従業者の感度を高める教育をしていますか?感度を高めることがリスクに対する気づきを生み、事故を減らすことができます。
個人情報を含む書類を個人情報の所有者(本人)に渡す際、本人確認をし、その上で本人が要求しているもの、あるいは本人に渡すべき書類であることを確認していますか?
同姓同名の人に誤って送信送付したり、あるいは情報を取り違えてPCに入力したり、記載したりしていませんか?

■ 推奨対策

対策:

誤開示(ご配布)は、漫然と仕事を進めた結果であるが、再発防止は管理面から考える必要がある。
回収したものと、これから配布するものを混在させて調査員が持ち歩いていることが根本原因である。しっかり区分けしたケースに分類して都度収納させる、あるいは恣意的に色の異なる調査票を使用するなど、工夫できることはいくらでもあるが、それを実施せずに事故を招いた神川県の責任である。

紛失も、漫然と仕事を進めた結果である。
チェックリストを作成する、というが、それが無い状態でどのように作業をさせてきたのか、県の管理体制に疑問が湧く。
チェックリストを有効に機能させるには、作業者への意識の醸成教育が不可欠である。県の再発防止策もそれに沿った内容ではあるが、形式的にならず個人情報漏えい防止に有効な対策として機能するように取り組み頂きたい。

具体例:

誤開示(ご配布)
しっかり区分けしたケースに分類して都度収納させる、あるいは恣意的に色の異なる調査票を使用するなど、工夫できることはいくらでもあるが、それを実施せずに事故を招いた神川県の責任である。管理者が真剣に取り組む必要がある。

紛失
チェックリストを有効に機能させるには、作業者への意識の醸成教育が不可欠である。県の再発防止策もそれに沿った内容ではあるが、形式的にならず個人情報漏えい防止に有効な対策として機能するように取り組み頂きたい。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。