事故から学ぶ

盛岡八幡宮HP改ざん被害 不正アクセス、一時休止

事故概要

業種 神社
発生時期 2019/12/30
漏えい人数 未発表
事故概要

県内外から大勢の初詣客が訪れる盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)の公式ホームページ(HP)が不正アクセスを受け、改ざんされる被害に遭ったことが31日、分かった。盛岡東署によると、個人情報の入力を促す別サイトにつながるよう改ざんされた。同神社はHPを復旧した上で一時休止とした。
同署によると、被害は12月30日夕、「盛岡八幡宮のサイトを開くと変なサイトにつながる」などと一般人の同署への通報で発覚。「iPhone(アイフォーン)が当たりました」などと表示され、個人情報の入力を促すページにつながった。

引用元 岩手日報

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストコード:
(第20条)安全管理措置 システム管理(不正アクセス防止)

チェックリストにある要求ルール:

システムに対する脅威や攻撃への防止策と監視体制を構築し、直ちに対抗策を構築していますか?
自社のシステムに対する新たな脅威や攻撃の手口を知り対策を社内共有し、対策行動の適格性と検証をする仕組みはできていますか?
Windows Update(マイクロソフト社が提供しているウィンドウズパソコンの不具合を修正するプログラム)を行うなどのように、常にOSや、アプリケーションソフトウェアを最新化して安全な状態にしていますか?
パソコンにウイルス対策ソフトを入れていますか?さらにウイルス定義ファイル(コンピュータウイルスを検出するためのデータベースファイル「パターンファイル」とも呼ばれる)を自動更新するなどのように、パソコンをウイルスから守るための対策を行っていますか?

■ 推奨対策

対策:

不正アクセスは、とくに有名サイトや大勢の会員サイトは毎日狙われており、その不正アクセスの手段も常に変化を遂げている。IT担当個人や部署だけではその知識量が不足することも知られており、安全性を担保するためには、専門サービス会社との連携をすべきである。
自社内PCのウイルス対策ソフトの最新化をタイムリーに行うこと。

具体例:

ITサービスでの安全性確認は、既知の問題に対する確認しかできない。従って確認者の知識向上が不可欠になるが、ここに力を入れる企業が少ないのも問題である。せめてニュースに取り上げられるサイバーアタックのキーワードだけは必ず押さえておき、利用しているクラウドサービス担当者とセキュリティ対策について、責任ある回答を常に得ておくべきであるし、セキュリティセミナーなどにも積極的に参加させなければならない。職員教育とは「個人情報を守りましょう」という研修だけではないことを、職場の幹部自身が理解しなければならない。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。