事故から学ぶ

顧客リストを一時紛失、翌日回収 – 愛知県のケーブルテレビ会社

事故概要

業種 グリーンシティケーブルテレビ
発生時期 2019/09/21
漏えい人数 30人
事故概要

グリーンシティケーブルテレビは、委託先が配送リストを紛失したことを明らかにした。同リストは翌日回収されている。
同社によれば、9月21日、委託先がチャンネルガイドの配送中に、個人情報が記載された配送リストを紛失したもの。リストには顧客30世帯の氏名と住所が記載されていた。
翌22日13時ごろ、配送先の顧客が自宅付近にリストが落ちていることに気づき、同社へ連絡。同社がリストを回収したという。

引用元 Security NEXT

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストコード:
20-18 (第20条)安全管理措置(第21条)従業者の監督 作業ルールの徹底 (紙データの紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

紙書類の持ち出し時はカバンに入れ、落下や風による飛散を防いでいますか。
重要情報入ったカバンを持ち歩く必要がある場合は、肌身離さず持ち歩ることを見につくまで、徹底教育していますか?
外出先や自分の机以外の場所で作業をしたときは、確実にカバンに戻したことを確認していますか?この確認は一人で行うため、カバンに入れたこと、作業場所に何も残っていないことの2面で確認していますか?

■ 推奨対策

対策:

外出先での一人作業時の紙データ紛失は、想定できる事案であり、その防止策がどのようになっていたのかを確かめることが、事故の再発防止に結びつく原因追及である。

具体例:

想定できるにも関わらず事故を起こした場合、本人の不注意でした、ということを着地点にしてはならない。日常業務に潜むうっかり事故防止は、ダブルチェック、声出し指呼確認など、製造業者や運輸業者がやっている確認手法を身に着けさせるのが第一段階のゴールである。これからは注意しましょう、というレベルではないことを是非自覚していただきたい。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。