事故から学ぶ

介護事業所で利用者の個人情報を紛失 – ニチイ学館

事故概要

業種 介護事業所
発生時期 2015/06/11
漏えい人数 192人
事故概要

ニチイ学館が運営する介護事業所「ニチイケアセンター池上」において、利用者の個人情報が記載された書類の紛失が発生した。
6月11日に事業所の職員が移動中に紛失したもの。紛失したのは請求書や利用申込書など192件で、サービス利用者110人の氏名や住所、請求額、利用金融機関名、口座番号の始めの3桁、利用サービス内容などが記載されていた。
警察や交通機関に届けるとともに、同社では対象となる利用者や家族に報告。相談窓口を案内し、二次被害防止のために注意喚起を行った。

引用元 Security NEXT

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストコード:
20-18(第20条)安全管理措置 (第21条)従業者の監督 作業ルールの徹底(紙データの紛失防止)

チェックリストにある要求ルール:

重要情報入ったカバンを持ち歩く必要がある場合は、肌身離さず持ち歩ることを見につくまで、徹底教育していますか?

■ 推奨対策

対策:

少し古い記事だが、移動中に電車内で個人情報を紛失した、というのは昔から発生している。直接の原因は当人の不注意以外の何物でもない。

具体例:

紛失の直接原因は、本人の不注意であるが、もう一歩踏み込むと、当人と事業者の個人情報保護に対する意識の低さが浮き上がる。
この手の教育の一つのゴールは、所作が身につくまでの徹底した躾の問題といわれる所以である。

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。