事故から学ぶ

リケン、個人情報6000件流出 7月に不正アクセス被害

事故概要

業種 民間企業
発生時期 2022/8/31
漏えい人数 6000
事故概要

自動車部品メーカーのリケンは31日までに、7月に発覚したサーバーへの不正アクセス被害に関する調査で、株主ら約6000件の個人情報流出を確認したと発表した。国内外企業との取引に関わる機密情報も約60件漏えいしていたという。
流出したのは、2018年3月末時点の一部の株主に加え、自社と取引先企業の従業員の個人情報で、氏名や連絡先などが含まれる。漏えいした機密情報は、取引先企業名や納入部品数など。
リケンは「現時点で流出した情報の不正利用は確認されていない」と説明している。該当する個人と企業には個別に連絡を進めているという。

引用元 リケン

■ 事故原因

事故の原因はチェックリストの下記項目が該当すると推察します。

チェックリストにある要求ルール:

■ 推奨対策

対策:

具体例:

タグ

ご入会のお手続きはこちら

会費のお支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類お選びいただけます。 (会費のお支払方法により、入会手続きが異なります。) 詳しくは、「ご入会の流れについて」をご確認ください。